基本的に色よりは質感を重視した方がおしゃれ感が出ます

せっかくかっこいいな、と思っていても、靴下が台無しにしている場合があるのをご存知ですか?

 

中学生じゃないんだから、白はやめて下さい・・・と思っている方は、少なくありません。特に、フォーマルで白い靴下、ご勘弁ください!

 

メンズファッションでの白靴下は、学生までです。大人の方は、スポーツのときだけにして下さい。革靴には絶対に似合いませんので、間違っても「ない」、と意識して下さい。

 

まず、靴の革の色に注目しましょう。黒、茶などの一般的な革色であれば、黒、紺でほぼ確定です。

 

少し変わった色の靴にも、迷うよりは黒にしておけばOKです。

 

メンズファッションでは、基本的に色よりは質感を重視した方がおしゃれ感が出ます。色であれこれ困るようなら、材質がどう見えるか、に注目すると良い結果になると思います。

 

照り感、厚みを季節に合わせる、と言う考え方で選んでみましょう。

 

一般的に、ファッションの違和感はすぐに気づかれます。なんかおかしい、と思ってしまうと、もう目が離れないほど気になるものです。

 

逆に、全体的に違和感なく調和していることで、どことなく素敵な雰囲気、と言う感じで、おしゃれだな、と感じるのです。

 

その中にほんの少しポイントを入れ、あえて調和を乱すのがテクニックなのですが、メンズでは足元にそのポイントを置くのは良い方法だと思います。
靴で攻める。勝負です。